読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

Security Essentialsで「正規品として認識されませんでした」

先日からSecurity Essentials起動時に「正規品として認識されませんでした」なるメッセージが出るようになってしまった。以前も同じことがあり、いつの間にかおさまったのだが、今回はなかなかしつこい。対処法を探したらこれがいけそうだったのでメモメモ。
定期的に(サイクルは不明ですが)正規品windowsではない被害の可能があると出て、再認証がありますz - マイクロソフト コミュニティより引用。

<操作手順>
1. コンピューターに管理者としてログオンします。
2. スタートボタン→[マイコンピュータ]とします。
3. [ツール]-[フォルダオプション]をクリックします。
4. フォルダオプションの画面が表示されるので[表示]タブをクリックします。
5. 「ファイルおよびフォルダ」内の「すべてのファイルとフォルダを表示する」をONにします。
6. 「登録されている拡張子は表示しない」をOFFにして、フォルダーオプションの画面を[OK]します。
7. スタートボタン右クリックで[エクスプローラ]をクリックして、以下のパスにある「data.dat」というファイルを見つけます。
C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Windows Genuine Advantage\data\data.dat
8. data.dat ファイルがあったら、右クリック[プロパティ]とします。
9. 「data.datのプロパティ」画面が開きますので[セキュリティ]タブをクリックします。
※セキュリティタブがなかった場合は、12以下の手順を確認します。
10. [詳細設定]をクリックします。
11. [アクセス許可]タブの画面に、「Everyone」があるかを確認してください。
あった場合は、「Everyone」を選択して[編集]をクリックし、「フルコントロール」をONにしてください。
なかった場合は、[追加]をクリックしてオブジェクト名の欄に「Everyone」と入力し、[Enter]します。Everyoneのアクセス許可の画面が表示されるので、「フルコントロール」をONにして[OK]します。
12. 画面を[OK]で閉じてください。

※セキュリティタブがなかった場合
1. スタートボタン→[マイコンピュータ]とします。
2. [ツール]-[フォルダオプション]をクリックします。
3. フォルダオプションの画面が表示されるので[表示]タブをクリックします。
4. 「簡易ファイルの共有を使用する」をOFFにします。
5. [OK]します。

なお、WindowsはXP Pro。諸事情あって結局また7から戻してしまった。