読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

Yahoo!ボックスのWindwosクライアントがバージョンアップ、しかし……

とりあえず単なるバックアップのつもりで使い始め、ファイルをアップロードして以来ほぼ放置していたYahoo!ボックスであるが、ようやくシステムドライブ以外のフォルダを指定できるようになったとのことで、バージョンアップ。しかし、フォルダを変更するには再セットアップが必要。つまり今までのYahoo!ボックスフォルダーは廃棄、新しく作成し直しということらしい。そこで

  1. Yahoo!ボックスのアンインストール
  2. これまでのシステムドライブにあったフォルダをそっくりそのままデータドライブに移動
  3. Yahoo!ボックスの再インストール

という手順でやってみたのだが、おや、YahooBoxフォルダの容量がやけに小さい。7GB程度になっているはずなんだが2Gしかない。へんだなあ、とおもいつつとりあえず作業続行とたんに問題発生。移動したフォルダをYahoo!ボックスフォルダーに指定できない。空のフォルダじゃないとダメらしい。あくまでこれまでのデータは捨てて、新しく出直す覚悟らしいのだ。まあその意気やよし、と前のフォルダをリネームし、あたらしく空のYahooBoxフォルダを作成して指定する。ここにサーバーからファイルがダウンロードされてくるのをじっと待てばいいのだな、とあふでYahooBoxフォルダを開いて監視していると、
「ん、ダウンロードされてくるファイルの拡張子が全部.ybox。なにこれ?」
「え、ファイルサイズが全部1kb、ってことはこれはつまりショートカットが作られてるだけ?」
とびっくり仰天。フォルダ容量が小さくなっていたのに合点がいった。つまり、サーバーにアップロードしたファイルをディスクから削除して、ショートカットに置き換えていたのだ。
これはどうなんだろう?少なくともこれを特に問い合わせもなくデフォルトでやっているのは?必要なファイルをサーバーからダウンロードできない、なんてケースはかなりの頻度で起こりえる。少なくとも俺はローカルとサーバーの両方にファイルがある、という前提でバックアップと考えていたわけで、ローカルのファイルが削除されると知っていたら絶対に使わなかった。そもそもこんな仕様で利用者がものすごく増えたら、サーバーがやたら重くなるだろうし果てはダウンしまくるように思うのだが素人の杞憂なのだろうか?
でまあ、とりあえず「設定-領域の節約」から「使用頻度の低いファイルを自動で節約対象にする」のチェックを外してみたのだが、これで削除されたファイルを返してくれるのかなあ?しばらく放置してみてまた結果を書き込みますね。