読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

Pale Moonを本格導入

64bit版を入れたけど、インターフェイス、安定度ともFirefoxESRを上回ってる気がする。
  • プロファイルフォルダは
    • C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Moonchild Productions\Pale Moon\Profiles\以下にある。
  • 標準インストール時のexeのパスは
    • "C:\Program Files\Pale Moon\palemoon.exe"
  • 配布ページトップ
  • 日本語化
  • デフォルトではタブグループが無効になっている。アドオンで有効にできる。
  • Firefox用のAdblockが「大人の事情」で使えないよう。Palemoon専用の
  • さらにKempelton Reloadedなるテーマを入れてみた。
  • Android版とSyncさせてみた。
    • Android版はシンプルかつパフォーマンスも悪くない。
    • さすがにPale Moonどうし、バッチリ同期する。
    • 個人的にAndroidのブラウザに多くは求めていず、あくまで外出時にデスクトップの延長でWebを閲覧するためのものなので、このすっきり感は非常に好印象。採用決定。
  • 困った点は
    • Lingoesが使えない。アドオン更新してみたけどダメだ。
以上、今回はEvernoteの自分用メモを貼っただけ。いい加減ですみません。
ただ、Pale Moonそのものは、アドオンを選び、少しいじったら非常に俺好みになった。往年のFirefoxに戻りたい方はちょっと試してみてもいいかも。ポータブル版もありますし。

ワイヤレスマウス不調への決定的対策(だと思う)

ドングルの挿しなおしで不調が解消されたと思ったのもつかの間、再発しては挿しなおしを2回ほど。PCの背面にまわって挿し直すのも面倒だが、そもそも背面にドングルを挿している事自体が電波が届きにくい原因に違いない。先日この件について調べていた時に、ダメなら次にやってみようという策を見つけていたので実行してみることに。

無線マウスやキーボードの動作に問題が起きる場合 : らいっちのPC奮闘記

こちらで紹介されていた方法で、USB延長ケーブルでマウスの直近までドングルを近づけてしまう、というもの。以前買って余っていた古い延長ケーブルを使ってやってみたら、さしあたって動きがだいぶ安定した。もしかするとこれは決定的対策となるかもしれない。しばらくこれでいってみようと思う。

Gmailでマウスジェスチャーを使いたい

Firefox上で、Gmailの時だけマウスジェスチャー→で](アーカイブして次へ)を送ってくれるようにしたい。AHKスクリプトを書けばできそうなんだが最近とんとマウスがらみのスクリプトを書いてないのでかなり腰を据えてやらないといけない。どこかに落ちてるといいんだけど。

ワイヤレスマウスの調子が悪いとき

ワイヤレスマウスの動きが腫れぼったいというか、じわじわと勝手に動いたりこっちの動きに追従しなかったり、という現象が起きていて、こういう場合たいていは電池切れなんだけど、今回は電池入れ替えても改善されない。

「もしかしてマウスいかれましたか?」と思って有線のマウスに変えてみたのだが、やっぱりワイヤレスになれてしまうと有線はもうひとつな感じ。

「もしかして挿し直したら治ったりして」と有線マウスを抜いてUSBドングルを挿し直してみた。すると本当に治ってしまった。調子悪くなったらドングル挿し直し。覚えておこう。

Firefox ESRがいい

Firefoxの最新版があまり調子よくないので、ESR(法人向け延長サポート版)に変更。アドオンに入れているImproved Searchbarの検索履歴が5件程度しか出なくなっていたのが復活したし、全体に安定度が増した気がする。

メジャーバージョンアップが1年に1回だけ、マイナーバージョンアップもセキュリティ関連の重要な更新のみで、新機能などは追加されない。さらに、アップデートチャンネルがesrになって通常版のバージョンアップ通知も来なくなる。 鬱陶しいのが嫌な人間にはありがたい。

そういえばサブのChromeも結局Dev版を使っている。すっかり忘れていたけど64bit版32bit版があるようだな。なぜDev版にしたかははっきり覚えてないけど、これも結局「こっちのが面倒がねえや」という感じだったと思う。

Androidとかでもそうだけど、面倒をなくすために面倒な思いをしなければならない。昔はこの矛盾を楽しめたんだけど、最近では徐々にしんどくなってきている。

マスキングテープ最強説

「貼る」という行為をよく考えてみると、「貼ったまま」ということは意外と少なくて、けっこう高い確率で「貼ってはがす」のではなかろうか。その観点から見ると、マスキングテープってメチャクチャ使える。付箋よりもしっかりとした粘着力があり、しかもはがすのに全く苦労しない。それでいてホームセンターで売っている養生用の薄手のものなどはとんでもなく安価である。一時的に引き出しに収納したものを忘れないように記入しておきたい、程度の用途にはこれでも十分実用になる。もう少ししっかりしたマット地のものなどは、ファイル類の背見出しに適している。

なかでもジッパーファイルはかなり収納力がある上に、ファイリングと言うほどの手間もなくがさっとまとめて資料を放り込んでおけるので、不精者には最適なのだが、これに背見出しをつけようとすると意外とやっかい。よくある見出し用のシール類がきちんとつかず、すぐにはがれてしまう。といってマジックインキで書き込んでしまうと、中身を入れ替えての再利用がしづらくなる。

これ、マスキングテープならいけるのだ。貼るのもはがすのも自在。体裁はイマイチだけど、少なくとも実用的ではある。「メモを貼り付けておく」用途にガンガン使えるので、他にも活躍の場は広い。覚えらんない人的には文具の中でも最強クラスの使いでだと思う。

メモについて

今回はメモについて。

いわゆる「ポケット一つ原則」はメモに関してはどうしても実現が難しい。どこにどうやってメモを取るか。これはかなり大切な問題。メモを生かすも殺すもこの最初の判断にかかっている。
現在俺は下記のような方法でメモを取っている。
 
  • デスクトップB5ノート(デスクにノートを開いておく - 覚えられませんっ参照)
    • 一時的なメモ。その後しかるべき処理をする。
  • Twitterの非公開アカウントにメール
  • スケジュール
  • ToDo
    • その日もしくは近日中にすべき締め切りのないToDoはデスクトップB5ノートへ。できなかったものは翌日に送って記入していく。
    • 締め切りがあり、アラートが必要なものはRemember The Milk: Online to-do list and task managementにメール。本文中にDue:で指定した締め切り期日、時刻にアラートメールが来る。RTMはフリーアカウントでもこの機能が使えるところがお手柄野郎だ。
    • プロジェクトになるような大きなToDoはA4クリアファイルに強粘着の付箋を貼り付け、プロジェクトファイルを作ってしまう。ファイル内のノートはchoose from over 40 templates — generatedpaper.com free printable papers for the daily useとかノート用紙 ダウンロード -方眼紙ネットとかで裏紙にコーネルノートの罫線を印刷したりするといいかも。なお、今日日付箋は強粘着を使うべし。粘着力がない付箋はストレスになるが、粘着力が強くて困ることはあまりない。
  • 買い物メモ
    • ミスコピーを4つ折りにして方面別に買うべきものをメモ。財布に入れておく。1回1回の買い物ごとに付箋などの小さなメモをつくるより、大きめの紙を折って財布に入れっぱなしで使う方がよい。先送りにした買い物がメモに残っているし、他で買うつもりだったものが思いがけず安かった場合などにメモがあると気づきやすいし、値段をメモしておいて比較することもできる。
    • 実用には女子に不人気なマジックテープ式の財布がよい。俺は以前はポーターのカプセルを10年以上使っていて、現在はタンカーを愛用している。これらは財布であるにもかかわらず小型のボールペンを挟んでおけるので。*1
  • クイックスナップ(Evernote)
    • Nexus5Evernote Widget - Google Play の Android アプリからクイックスナップを使う。撮影した画像を全自動でノートにしてEvernoteに同期してくれる。貧乏な俺だがEvernoteだけは有料アカウントにして、スナップはすべてEvernoteに送っている。Evernoteのすごいところはこのスナップ画像にある文字列を自動でOCRしてくれるってところ。この機能も併用すれば、頭からわき出たもの以外、目に見えるものはクイックスナップが最強のメモとなる場合が多い。
  • 手書きメモ(Evernote
    • Nexus5は常に身につけているので、いつでもどこでも使えて最も早いメモはEvernote手書きメモとなる。デジタルノートであるEvernoteの画面で手書きメモは目立つ。それゆえ処理を忘れてしまうことがない。すばやく取れてしかも忘れられないメモとなるのだ。これがウィジェットから実用的に使えるようになった段階で、俺はそれまで肌身離さず持っていたミニ5穴の手帳と決別したのであった。

結局、スケジュール以外のほぼすべては最終的にEvernoteに集約していることになる。非常にメジャーなサービスなので知らない方もいないと思われるが、これから始めてみようという方は

https://www.evernote.com/referral/Registration.action?uid=2355971&sig=9779cf1b31497b26e799068e669cdd8f

からアカウントを作成していただけると1ヶ月間のプレミアムアカウントを使用する特典がもらえます。私にも紹介ポイントが入りますのでよろしければお願いします。

なんか常体から敬体への移行が上手くいってない気がするがお許しを。

*1:リンクは俺のAmazonアソシエイト・プログラムのリンクなので、ここから購入すると俺がほんの少し得をします。それは嫌、という方はこのリンクから購入しないでください。