読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

Google Desktop Search2 正式版

前回の予告と違ってしまうがお許しを。
再セットアップの最終段階として、Google Desktop Search2を導入した。正式版が出るタイミングがまさに俺の新しい門出を祝福するかのようで、「そーかそーかこれは俺に正式版でスタートさせるための神様の粋な計らいかもしれんなあ」などと考えてホクホク野郎と化していた俺であったが、正式版を導入するやいなやしおしお野郎になってしまった。
正式版、駄目でした。
何が駄目だって、タブブラウザから検索できなくなっているのだ。ローカルディスクをぐぐる俺-Google Desktop Search日本語版ベータ版 - 覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録で書かせていただいたやりかたが通用しなくなってしまった。外部アプリから検索できないのではGDSの魅力は半減っていうか4分の3減って言うかいやいや5分の4くらい減かもしれない。Google Desktopユーザーもあぶない--IEの脆弱性で情報漏出のおそれ - CNET Japanのような話もあることだし、また様子を見て導入し直すことに。
悔やんでも悔やみきれないのは、正式版をダウンロードする際、ベータ版に上書きしてしまったこと。バージョンアップしたファイルのファイル名が同じだった場合、いつもの俺なら間違いなく古い方をリネームした上でダウンロードするのだが、魔が差したとしか言いようがない。おかげでGDS2のベータ版に戻ることができなくなってしまったのだ。ベータ版までは外部アプリからの検索ができたんだけどね。

追記。

雑誌の付録CDにベータ版のGDS2が収録されているのを見て、買ってきてベータ版入れ直してみました。すると、やはり以前のコンピュータにインストールしたときとはURLの形式が変わっていて、正式版と同じように検索語ごとに違うバックURLが付くようになっている。うーん、なぜなんだろう。この際GDSの最初のバージョン入れてみるか。

追記の追記

そんなわけでGDS1を入れてみた。復活!しました。検索結果にバックURLが付かない形になり、kikiからのダイレクトリクエストも可能に。以前GDS2ベータを入れたときにはGDS1からのアップグレードみたいな形だったので、URL形式が変更されなかったのかも。だとすればこの状態からGDS2正式版にアップグレードすればもくろみ通りになるのかも。現在インデックスの作成終了を待っております。

3たび追記

インデックス作成終了し、GDS2正式版にアップグレード。結果、こちらで与えたバックURLなしのGDS1タイプの検索式は、自動的にバックURL有りの新しいGDS2の検索式に変換されて正しい検索結果が出ることがわかった。早い話が、

  1. GDS1をインストール、タブブラウザで検索できるようSearch.iniなどを編集。(。ローカルディスクをぐぐる俺-Google Desktop Search日本語版ベータ版 - 覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録参照)
  2. GDS2にアップグレード。

という手順であれば、タブブラウザからの検索も可能であると。
とりあえず、あーよかった。タイトル変えなきゃ。