読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

Google Desktop2

かねてより記してきたとおり、俺はGoogle Desktop Searchをかなり便利に使ってきているが、こいつの上位バージョンの日本語ベータ版が公開された。今回の目玉は「サイドバー」。以前Desktop Sidebarをネタにしたことがあったが、結局重いので常用には至らなかった。Desktop Searchは俺としてはもはやちょっと欠かせないものになっているソフトなので、どーせ入れるんだからサイドバーとか試してみようかなあ、ってことでバージョンアップしてみた。

インストールは例によって簡単

前バージョンをすでにインストールしてある環境では、Desktop2のインストールは非常にお手軽。前バージョンの設定をそのまま引き継いでくれるようだ。おそらく個人ごとに変わると思われる検索結果ページのアドレスも変わらないようなので、タブブラウザから検索できるようにカスタマイズしている場合にも面倒はない。ただし、インデックスはアップデートされ、前バージョンには戻れなくなるので、一応の覚悟は必要である。

基本機能とその問題点

ローカルディスクをぐぐる、という基本機能自体は前バージョンと大きく変わった感じはしない。ここが重くなったりしたらどーしよう、と案じていたが、どうやら大丈夫そうである。前バージョンから極端に損なわれている部分、というのはちょっと使った感じでは目立たない。しかし、使い始めてしばらくすると、前バージョンに比べてインデックスの更新が頻繁に行われ、しかも更新時にシステムが重くなるような気がしてきた。なぜかはよくわからないが、もしかしたら秀丸メール用のプラグインが前バージョンにしか対応していないからかも。
そして導入後2日目、コンピュータを起動するとGoogle Desktop2さんがメッセージを出してきた。「ディスク容量不足でインデックスが更新出来ん。一度アンインストールして再インストールせよ」だそうである。20GBの起動ドライブの残り容量を確認してみると、5GBになっている。ついこの間まで9GBくらいあったはずなんだが。Google Desktopに原因があるとは言い切れないが、インデックスは相当容量を食う、ということは確かなようだ。やれやれ。

目玉のサイドバー

そんなわけでGoogle Desktop2が起動しなくなってしまったので、バージョンアップの目玉であるサイドバー機能については記憶を頼りに書くしかなくなってしまった。しかもちょっといじっただけなのできわめて不正確であるが、印象だけ書いておく。
まずサイドバーに組み込まれるものだが、RSSリーダー、メモ、TODOリスト、天気予報、株価情報、システムリソース表示など。このへん、詳しくはグーグル「Google Desktop 2」公開--デスクトップの“サイドバー”に進出 - CNET Japanなどを参照してください。他に時計などの外部プラグインもすでにかなりの数が使用出来る。大メジャーソフトゆえ、今後も相当数の選択肢が期待出来るだろう。
でまあ、ちょっと使ってみた印象だが、目新しさはない。見た目がテキスト中心でわりと軽そうだったので期待したのだが、Desktop Sidebarあたりと比較してもそう変わらない(ちょっとおもいなあ)という印象。あと今のところ日本の天気予報は駄目。時計もTimeWarpという遊び心あふれるプラグインがあるが、遊び心にあふれすぎていて時計なのに時間が見にくいという欠点があるっていうかそれ欠点じゃなくて致命傷じゃんと俺などは思う。ニュースリーダーはメジャーどころのRSSをデフォルトで網羅しているようで、なかなか使えそうな雰囲気だった。
結論。俺個人としては、試用段階を終えたら(勝手に終わっちゃったけど)「サイドバーは非表示」を選択していましたね。

再インストールを非常に重荷と感じている俺

そんなわけで、これから前バージョンを再インストールするわけだが、はっきりいってめんどくせえ。だからこのさいMSNのデスクトップサーチとか試してみちゃおうかなあ、などと思っている俺がいることに俺が気づいて気づいた俺はさらに憂鬱になっている俺がいる俺である。

追記

いまさっき帰宅してコンピュータを起動すると、なんとDesktop2がちゃんと生き返っておりました。わけわからん。もう少し様子見て使ってみることにするか。