読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

KIKIその後

うちのデザイン変えてみました。ろくに試しもしないでデザインを決めてしまったが、前のデザインは見にくかったんだね。だいぶ見やすくなった。当分これでいこうかと。
では本題。
俺のこのささやかな自己満足ブログで最もアクセスしていただいているのがタブブラウザ推奨委員会さんのKIKIのページからリンクをいただいているKiKiに一目惚れ! - 覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録の部分なのだが、KIKIちゃんも着実に成長していて、もはや実情にあってない記述も目立つようになってきた。0.81.0の正式版もリリースされたことだし、KIKIちゃんの成長もふまえたうえで新たにKIKIについて書いてみよう。

検索の拡張

0.79.1の時点ですでにタブブラウザ屈指の力を持っていた検索機能であるが、さらに以下の点で拡張されている。(KIKIの更新履歴より引用)

  1. ページ中の文字を選択した状態で、ダイレクト リクエスト、またはハイライトを実行すると、選択した文字を入力として扱うように変更
  2. ダイレクト リクエストをマウス ジェスチャ、およびショート カットから呼び出せるアクションに追加
  3. ハイライトをマウス ジェスチャ、およびショート カットから呼び出せるアクションに追加
  4. ページ中の文字を選択した状態で、マウスを右クリックした場合は、選択した文字を使って処理をおこなう独自のコンテキスト メニューを表示(このメニューからは、コピー、リンクをコピー、リンクを開く、ダイレクト リクエスト、およびハイライトが使えます)

ダイレクトリクエストとは通常のタブブラウザでいう検索バーで、入力した文字列をGoogleなどの検索サイトで検索してくれる機能のことだ。KIKIではこれをダイレクトリクエストと呼んでいる。
KIKIはページ内で文字列を選択した上でダイレクトリクエストの実行ボタンをクリックすると、ダイレクトリクエストバーに文字列を取り込んだ上で検索してくれ、そのままページ内検索に移行できる。しかし以前のKIKIでこの動作をさせるためにはダイレクトリクエストバーが空である(文字列が未入力である)必要があった。現在では文字が入力されていても選択文字列で上書きしてくれるようになった。この変更が1。
2、3ではこのダイレクトリクエストの実行やハイライトの実行にショートカットキーやマウスゼスチャーが割り当てられるようになったということ。すなわち仮にダイレクトリクエストを「KIKIオプション-マウスジェスチャの割り当て」でたとえば→に割り当てれば、「ページ内の文字列を選択→マウスの右ボタンをクリックしながらマウスを右に動かす」というたったこれだけの動作で選択した文字列をGoogleなどで検索してくれるわけだ。ただし、この場合検索サイトはダイレクトリクエストバーで前もって指定しておく必要がある。
そこで4の更新。これは右クリックメニューから検索に使うエンジンを選択した上で検索できるようになるということである。文字列が選択されている場合だけKIKI独自の右クリックメニューを出し、そこから検索エンジンを選んで即検索してくれる。文字列はダイレクトリクエストバーに取り込んでくれるので、そのままページ内検索に移行できる。この独自右クリックメニューに出したい検索エンジンもカスタマイズ可能。カスタマイズにはkiki.drlというファイルを編集する。KiKiに一目惚れ! - 覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録で書いた「表示名,アドレス(パラメータの置換文字は$0),,,エンコード方式(0はエンコードなし、2がEUC、4がUTF-8)」の書式で、最後のエンコードの数値に16を足して指定すれば右クリックメニューに現れる。逆に消したいときは16を引いてやればよい。
現段階では選択時右クリックメニューは独自形式にするかしないか2つにひとつしか選べない。Sleipnirのように同時押し下げキーによって使い分けられようにするか、DonutPのようにIEのコンテキストメニューに追加する形にするか、どちらかの対応が望まれるところだろう。*1

上記のような不満点もないわけではないが、検索関係の使いやすさと実用性は今回のバージョンアップでさらに磨きがかかり、タブブラウザトップクラスの地位は揺るぎないといって良いだろう。

その他の更新

KiKiに一目惚れ! - 覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録の時点ではバージョンは0.79.1だったが、0.80.0までで

  1. マウス ジェスチャに割り当て可能な機能を大幅に追加
  2. マルチメディアとセキュリティの一括切り替えを追加(「KIKI オプション(S)...」で、3つのセキュリティレベルをカスタマイズできます)
  3. アドレス バー、およびダイレクト リクエスト バーにフォーカスがある場合は、オートフォーカスが無効となるオプションを追加
  4. タブから右クリックで呼び出したメニューに「これより左のタブを閉じる(H)」を追加
  5. タブから右クリックで呼び出したメニューに「これより右のタブを閉じる(J)」を追加

などの更新がなされた。特にタブの右クリックからセキュリティ切り替えや「これより右のタブを閉じる」「タブのロック」などが手軽にできるようになったこと、マウスジェスチャーの充実などがうれしいところだ。

メインブラウザへの道

確実にいい女になりつつあるKIKIちゃんであるが、俺としては残念ながらまだメインブラウザにできずにいる。以下その理由を列挙してみよう。ほんとはこれ以外にも細かな不満点はあるが、重要なもののみ挙げる。あくまで俺にとって、という内容になってしまうが勘弁。

  • マルチディスプレイでセカンダリに出現してくれない。iniファイル内ではセカンダリの座標が記録されているがプライマリの方に出現してしまう。俺はブラウザをセカンダリでほぼ最大化して使うことにしているため、いちいちドラッグしなければならず、この点だけでもメインブラウザにはできないのだ。
  • アドレスバーからURLのドラッグアンドドロップができないため、他のソフトとの連携がとりづらい。Irvineのようにコンテキストメニューから操作できるソフトはいいが、WWWCとかWebauto(配布ページ行方不明。昔レジストしたシェアウェアでこういうのが最近多いなあ)などにURLがドロップできない。
  • タブの順序を入れ替えられない。
  • 複数エンジン同時検索ができない。検索関連は他が完璧なだけにこの点のみ惜しいところ。

いずれも個人的な要望であり、それゆえ掲示板に要望として書くのがためらわれるのだが。

次回はまたリナザウに戻ります。

前回の記事から1ヶ月たっているにもかかわらず、KIKIのページには未だにかなりのアクセスをいただいている。それなのに情報は古いままであり、これはちょっといかんなあ、ということで、今回はKIKIを取り上げさせていただいた。次回はリナザウ、Zten改などについてふれてみたい。

*1:Ver0.81.1で「ページ中の文字を選択した状態で、コントロール キーを押しながら右クリックすると、設定とは逆のコンテキストメニューを表示する処理を追加」というバージョンアップがなされた。