読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えられませんっ

元「覚えらんない人のためのオンラインソフト備忘録」。遅ればせながらブログ移行してみた次第。

ポチエスの設定

ポチエスはやたらと多機能で設定も複雑、まず何から手をつけていいかわからなくなる。しかし、本来は拡張子判別ランチャである。登録された拡張子のファイルが渡されると、メニュー表示して起動ソフトを選べるようにする、ってもの。したがって、導入時に最初にやることは「esEXT.iniの記述」がいいと思う。
俺は「あふ」で拡張子別にメニューを作って同じことをやっていたが、これを使うとDFでもだいなでもAvestaでも共通の拡張子別メニューが出せる。(すべてShift+Enterにわりあてている)これだけでも結構利用価値は高い。

esEXT.iniの記述のポイント
  • 1行目[.txt][.ini][.bat]て感じで共通の設定をしたい拡張子を並べる。
  • 2行目C:\Program Files\HIDEMARU\HIDEMARU.EXE みたいに実行ファイルをフルパス指定
  • 3行目は%opt=に続けてコマンドラインオプションを記述。

   %opt= /r "%P"%|書き込み禁止
   %opt= /b "%P"%|閲覧モード*1

  • ファイル名だけを渡せばいいときは%opt=の行は不要。また、オプションを選択せずにいきなり実行したいときは%optionだけの行を以降に付け足せばよい。
  • 続いて%name=表示したい名前 の1行を。

ここまでが一つのソフトに関する記述。こういうのを単に並べていけばいい。そして

  • 拡張子のセクションの終わりには%endのみの行を記述。
  • フォルダに関する関連づけは拡張子の部分を[folder]とすればよい。

こんな感じで拡張子ごとに記述していく。最後に(別に順番は最後でなくってもいいんだけど)未登録の拡張子に対する処理を書いておく。

[.*]
@system
%name=関連付けで開く
%end

こうしておけば、未登録のものは通常の関連づけで開いてくれる。
エディタやビュワーで開く選択を入れておいてもいいだろう。

参考までに俺のesEXT.iniを貼っておく。恥ずかしいが。

[folder]
C:\Bin\Launcher\ExtSel\ExtSel2.exe
%opt= /d="%P"
%name=.S簡易ファイラでメニュー表示(&s)
%option
%sepV
C:\Bin\FileUT\Af\yaafxcmd.exe
%opt= -l"%P"
%name=あふ左(&l)
%option
C:\Bin\FileUT\Af\yaafxcmd.exe
%opt= -r"%P"
%name=あふ右(&r)
%option
%sepV
C:\Program Files\foobar2000\foobar2000.exe
%name=Foobar2000(&f)
%sepV
C:\Bin\FileUT\avesta\bin\avesta.exe
%opt= "%M"
%name=Avestaで開く(&x)
%option
C:\Bin\FileUT\DF\DF.EXE
%opt= "%P" -pos0,0 -size253,685
%name=DFで開く(&d)
%option
C:\WINDOWS\EXPLORER.EXE
%name=エクスプローラで開く(&e)
C:\Bin\Graphics\Vix\ViX.exe
%name=Vixで開く(&v)
%sepV
C:\Program Files\SuperTagEditor\SuperTagEditor.exe
%name=このフォルダのタグを編集(&t)
%opt= "%P"
%option
%end

[.txt][.ini][.bat]
C:\Program Files\HIDEMARU\HIDEMARU.EXE
%name=秀丸で開く
%opt= /r "%P"%|書き込み禁止
%opt= /b "%P"%|閲覧モード
C:\Bin\Editor\Sakura\sakura.exe
%opt= -R -WX=1281 -WY=0 "%P"
%name=サクラエディタで閲覧
%option
C:\Program Files\HIDEMARU\HIDEMARU.EXE
%name=秀丸(書き込み禁止)
%opt= /r "%P"
%option
C:\Program Files\HIDEMARU\HIDEMARU.EXE
%opt= /b "%P"
%option
%name=秀丸(閲覧モード)
C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\EXCEL.EXE
%name=エクセルで開く
;エンドマーク
%end

[.csv]
C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\EXCEL.EXE
%name=エクセルで開く
C:\Program Files\HIDEMARU\HIDEMARU.EXE
%name=秀丸で開く
%end

[.ico]
C:\Program Files\aicon\aicon.exe
%name=@アイコン変換
%sepV
[.jpg][.jpeg][.bmp][.gif][.tif][.png]
C:\Bin\Graphics\Vix\ViX.exe
%opt= /v "%P"
%name=Vix
%option
C:\Program Files\IrfanView\i_view32.exe
%name=IrfanViewer
C:\Bin\GRAPHICS\Jtrim\JTrim.exe
%name=JTrim
C:\Bin\Graphics\Tokikaze\Tokikaze.exe
%name=疾風
C:\WINDOWS\system32\mspaint.exe
%name=ペイント
%end

[.html][.htm]
C:\Program Files\HIDEMARU\HIDEMARU.EXE
%name=秀丸で編集
C:\Bin\Editor\ezHTML\ezhtml.exe
%name=EZHtmlで編集
%sepV
[.url][.mht]
C:\Bin\Browser\unDonut\unDonut.exe
%name=UnDonutで開く
C:\Bin\Browser\Sleipnir\Sleipnir.exe
%name=Sleipnirで開く
C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe
%name=IEで開く
%end

// 上記に該当しないものは、ここに割り当てます
[.*]
@system
%name=関連付けで開く
%end

まだカスタマイズ途中なので変なとこがあるが許してほしい。

*1:%|以下に記述したコメントがメニューに表示され、選択可能になる。